フォト
無料ブログはココログ

藤目充伸

2021年4月25日 (日)

H様邸 北面外壁 インラッシュコートG+施工完了!

最近、問い合わせの多いのが、外壁で北面に繁殖した緑色のコケ・カビの除去です。

Img_9167 Img_9168

わずか築3年から4年でこの様な緑色のコケが付着しています。

同時期に建てられた住宅街ですが、このコケが付着しているお家と綺麗なままのお家があり、気象条件も立地条件もほぼ同じなのに不思議です。サイディングの種類によって差があるのか、建材メーカーに聞いたりしますが、原因はいまだ分かりません(-_-;)

Img_9178

現在弊社では、外壁のコケ・カビ対策にはインラッシュコートG+を施工させて頂いています。

色々な除菌関係のコーディング材がありますが、このインラッシュコートが今のところ最強であると信じています。

Sterilization2 Sterilization3

実際の施工では、高圧洗浄してカビ・コケを除去してからインラッシュコートを塗布しますが、試験的に室外機に水洗いせずにインラッシュコートを塗布してみました。

上の画像はインラッシュコート塗布直後です。下の画像は塗布約3日後です。

汚れは残ってますが、コケ・カビは無くなってます。

インラッシュコートに含まれている光触媒+銀・銅の成分がコケ・カビを除去してくれたのだと思います。

BAEKというメーカーの材料なのですが、メーカーには約5年間この効果が持続する実験データーがあるそうです。

Img_9625 Img_9629

メーカーは5年間と言ってますが、弊社では実績が今のところ約1年半です(;^_^A

ほんとうに5年間コケ・カビが付着しないか…もしまたコケ・カビが発生してら無償で再塗布となります( ;∀;)

ドキドキしながら楽しみです!

 

 

 

2021年4月20日 (火)

H様邸完工! 無機フッ素仕上げ

お問い合わせを頂いたのが今年の1月3日

今年一番のお客様です。コロナの影響でスキーに行かず事務所で仕事していて良かった(^▽^)/

塗替えには最高の季節まで待って頂き、母屋と納屋を塗らせて頂きました。

オール!関西ペイントのRSプラチナMUKIマイルド仕上げ!

10年前に訪問販売の会社で塗替えをされたとの事でした。

その会社の自社ブランドのフッ素塗料を塗ったそうですが、もうすでに艶は全く無く変色しかけてました。

ほんまにフッ素だったのだろうか?

Img_5665Img_5694

Img_5682

ここで自信満々お勧めできる塗料 関西ペイントのプラチナMUKIマイルドで提案させて頂きました。

実はAGCのフッ素と関西ペイントの無機フッ素で迷ったのですが・・・(;^_^

Img_9196 Img_9212 

Img_9202

木部はキシラデコールフォレステージHS

あの姫路城の木部に塗られているキシラデコールの中でも高級な木部用保護塗料です。

贅沢にも最高級塗料をふんだんに塗らせて頂き誠にありがとうございました。

お施主様は非常に気さくな方で、会話も楽しかったです。

最近は聞かなくなった讃岐弁講座!あれ面白かったです(笑)

2021年4月19日 (月)

O様邸完工! 香川県高松市 WBアートF

直貼り工法のお家・・・何を塗るのが良いのか、いつも悩むんです。

通気性も大事ですし、仕上がりの見た目も大事ですし・・・

Img_7873

2F部分は下地のリシン吹付の通気性の良さを活かし、関西ペイントのデコラフレッシュ仕上げ

1F部分はWBアートFでの仕上げと選択させて頂きました。

Img_7877

WBアートの場合、お施主様にカタログよりお気に入りの色を3色程度選んで頂き、実際に壁に見本塗り。

WBアートはサイディングの種類により仕上がった色がカタログとは違った色に見えたりするので、色選びは慎重にしてます。

現調の際、破風板の劣化が気になりました。

Img_6642

木部の場合、日光のあたる箇所は劣化が異常に早いんです。

お施主様にもご理解いただき、ガルバニウム鋼板で被せる事としました。

Img_9190

これで破風板の劣化は進まないでしょう!

何気にバッチリ決まりました(^▽^)/

一健板金工業さん!ありがとうございました。

屋根はもちろんフッ素塗料。

Img_8684

Img_8194

高松市内が一望できる素敵な屋根からの景色でした(o^―^o)ニコ

Img_9322

やはりWBアートは素晴らしい!サイディングを貼り換えたような自然な仕上がりです。

Img_7878

Img_9191

高級感も増しました!

弊社が得意とする、WBアートFを塗らせて頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年4月16日 (金)

N様邸完工!東かがわ市 関西ペイント 無機フッ素塗料

海が見えるお家!いつか住んでみたい・・・私の夢です。

Img_8413

今回、東かがわ市の港近くで塗装させて頂きました。

港が目の前やし、道路渡れば桜は満開やし、これ以上は無い環境での施工でした。

Img_8417 

屋根からの景色は最高です。

でも、ツルツルのテカテカ・・・

私の頭じゃありません(-_-;)

フッ素塗料で仕上げた屋根の事です。

滑る!滑る!

Img_8411 Img_8409_20210421202001

関西ペイントの最高級フッ素塗料!さすがです(^▽^)/

外壁は無機フッ素塗料

Img_8938

これまたツルツルのテカテカ・・・

無機フッ素塗料です。

付帯部も2液形弱溶剤フッ素塗料

シーリングは全て高耐候シリコンのサンライズH100

国内ではほぼ最高の仕様です。

こんな高級な塗料をたくさん塗らせて頂きありがとうございました。

建物には潮風バリバリで過酷な環境ですが、関西ペイントのフッ素塗料15年後が楽しみです!

頑張れ!プラチナMUKIマイルド!


 

 

 

2021年3月26日 (金)

高松市 K様邸完工! WBアートF

この度、藤目塗装ではなく (株)日本塗装名人社 高松中央店としてのお仕事させて頂きました。

下地はALC板に多彩模様の吹付材、現調の際は築年数にしては綺麗だなぁ~と感じました。

ALC下地なのにピンホールも全く無く、吹付も綺麗に仕上がってました。

きっと新築の時に塗装したペンキ屋さんが良い仕事したんだと見てわかりました。

Img_6057 Img_6073

ズームカメラで確認してみるとやはり多少のクラックは入り始めてました。

Img_6075

ただ今すぐに塗り替えが必要な状態ではなかったのですが、お家を大事にされるお施主様で、早めのメンテナンスを・・・と塗替えには絶好の季節に施工させて頂きました。

新築時の塗装には負けられん!とチョット闘志が湧きました(^▽^)/

ここはスズカファインのWBアートF(フッ素)で勝負!

Img_8209 Img_8204

普通に塗装をしたのと違って、凹凸感も出て、立体的でいい仕上がりとなりました。

Img_8222

今回施工させて頂いた外壁の色が淡いピンク系の色で、足場を解体すると、近隣の桜も山の桜もちょうど開花してて、最高の背景!

Img_7510

帰り道、海も山も見えるこの坂道を気分よく走れました(^O^)

2021年3月14日 (日)

徳島文理大学様 9号館玄関スロープ塗装完工! メタルフォースグランス!

現調の際、学校が春休みのうちに施工しますと聞いていたですが・・・

徳島文理大学様から卒業式までに施工して下くださいと依頼があったようで・・・(;'∀')

下地補修も入れて7日間、ギリギリのカツカツの工期です。

玄関入り口のスロープ壁と丸柱です。確かに塗膜表面も劣化しており見栄え悪いです( ノД`)シクシク…

Img_6929 Img_6928

旧塗膜はメタリック仕上げ。

今回の使用材料はローラーで施工できるメタリック塗装!関西ペイントの「メタルフォースグランス」

しかしこの材料・・・実はまだ正式には発売されておらず、今月末にこの材料の研修会を受講する予定でした。

「えっ?・・・まだ塗り方分からないんですが・・・(;'∀')」

そこは関西ペイントの冨永さんに色々無理を聞いてもらい、いきなりぶっつけ本番!

Img_7620

本番前日、関西ペイントの技術の方にご指導頂きながら、塗り板での施工方法を試してはいました。

メタリック塗装は今まで吹付でしか仕上げることが出来なかったのですが、常識をくつがえした画期的な塗料です。

が・・・見本作成してみると・・・塗何気に難しい(;'∀')

Img_7726

このシルバー色のクリヤーをムラなくローラーで塗るのにチョットコツが必要です。

塗り始めると途中でローラーを止めるとムラになります。

途中、休憩できない作業になりそうなので

塗る前に、弊社の角田君と一緒にラーメン峰太郎で腹ごしらえ

Img_7723

10年ぶりの峰太郎のラーメン、久々に食ったら美味しかった(^O^)

こんなに美味しかったっけ?徳島に行ったらまた行こう!

腹ごしらえしたところで、いよいよ本番!

塗り始めると手を休めることができない材料なので、施工中の画像が無い!(;^_^A

私も角田君と一緒に手を止めることなく必死のパッチで塗ってました。

Img_7730 Img_7739  

施工完了の画像です。画像ではメタリック感がわかりずらいと思いますが、

実際はゴールド系の色でかなり艶が出てます。心配していた塗継ぎムラも全くありません。

初めての施工なのに大成功です。

私・・・失敗しないので・・・(^▽^)/

明日の卒業式にギリギリ間に合って良かった。

Img_7742-2

最終工程のクリヤーのパールが日光でキラキラ反射しています。

パールがほぼ均一に塗布されているのも、私の相棒の遠近両用メガネで確認できました(;^_^

 

関西ペイントのリフォームサミット店

その中でもプラチナ店専用の塗料「メタルフォースグランス」です。

現在、香川県では弊社のみプラチナ認定店です。

近々、弊社社屋の壁もメタルフォースグランスで仕上げてみたいと考えてます。

毎年いろんな塗料が開発され発売されてますが、久しぶりに「これは使える!」と思った塗料でした。

 

 

 

2021年3月 5日 (金)

さぬき市 K様邸 完工! 外壁塗装 屋根カバー工法

雨の中、足場解体後のカーポートのポリカ板復旧をして無事完工!しました。

Img_7244

2回目の塗替えのお客様でした。前回はハウスメーカーでの施工だったようです。これが結構適当な仕上げ(;'∀')

瓦の割れた個所は下手なシールで補強・・・

Img_6478

 

木の玄関扉はべったり塗装(写真上部)(研磨後は写真下部)

それもディスクサンダーで擦った跡が・・・

職長の濵中君も「玄関ドアのケレンが一番手間かかりました」と言ってました。

Img_6986

 

割れたガラスはその施工時には交換せずにシリコンシーリング・・・。

今回はガラス入れ替えました。シーリングが劣化して雨が漏ってたので・・・

Img_6983 Img_7128

 

サッシュの取付が不具合での雨漏り

Img_6473

これはシーリング後、板金屋さんにお願いして水切りを取り付けて頂きました。

 

現調の際に屋根も塗装でとのご依頼でしたが、無機塗料・フッ素塗料とかいくら良い塗料を塗っても、これは20年どころか10年も持たないと判断して、カバー工法をお勧めしました。

Img_6474 Img_6477

もう棟の下地の木は腐ってました(;^ω^)

 

今回は、リッチウェイというアスファルトシングル瓦でのカバー工法にしました。

これがなかなかお洒落で私は大好きです。アメリカではこの瓦が主流です。

既存のカラーベストの上にルーフィングを敷き瓦を葺いていくので、施工中の雨も大丈夫です。

Img_6974

Cf4f7ab7d06b4740949c5347ebd00e1315822000

 

濵中君の苦労した玄関ドアも見事に再生!

ええ感じのドアに戻りました(^O^)

Img_7241-1

 

それと窓ガラスの結露も酷く、

Pict201221_2239350000

お施主様から「寝室をもっと快適で静かにならないかなぁ~」とご要望がございました。

なのでサッシュも交換!ぶ厚いガラスの2重ガラスのええブンに・・・

Img_7130_20210305203501

Img_7237-2

 

足場解体前の散水試験でも雨漏り補修は全てクリヤー!もう台風が来ても大丈夫です。

非常に優しいお施主様で、施工中も和気あいあいな雰囲気で、多業種の施工でしたが、

工程通り完工しました。

Img_7236

すっかり仲良しの弊社の濵中君とお施主様。

この度は誠にありがとうございました。

2021年2月14日 (日)

小豆島 外壁改修工事 施工完了!

やっと足場も解体し、現場事務所から引っ越しです。

Img_6547-s

外壁補修・太陽光温水器撤去・配管撤去・防水工事

塗装以外の仕事ばかりでしたし、小豆島長期滞在・・・石橋現場代理人お疲れ様でした!

Img_6559s

帰りに土庄港でお弁当売ってました。「島メシ家の弁当」

まかない弁当500円。筋の煮込み丼。

フェリーうどんと食ったら、やたら旨かった。

Img_6561s

帰りに珍しいアニメが書かれたフェリーとすれ違いました。

Img_6581s

「からかい上手の高木さん」作者が小豆島出身のようです。

半分旅行のようなお仕事ですが、日曜日なのに必死で書類作成です(;'∀')

Img_6658s

 

 

2021年2月 6日 (土)

香川県高松市 N様邸 完工! 外壁リシン吹付 屋根JPMプラチナフッ素

1月20日着工して水洗いした次の日から3日連続雨・・・( ;∀;)

海がすぐ近くなので風も半端なく強い(;'∀')

Img_5185 Pict201204_2210170000

海風のせいで屋根はかなり傷んでおりました。

外壁はサイディング直貼り工法にリシン吹付。

この直貼りのサイディングには塗料の選択に悩みます。

下手に塗膜を付けて仕上げると後々膨れてくる可能性大です。

なので、やっぱり通気性を重視して周辺に飛散の心配も無かったので外壁はアクリルリシン吹付。

ネットではアクリルリシンって耐候性は5年~8年とか書かれてますが、

最近現調行くたび思うんですが、このアクリルリシンが一番劣化が目立たない気がします。

艶のある塗料が艶が無くなってくると劣化が目立つけど、アクリルリシンは元々艶が無いので、15年たってもそんなに気になる傷みは見られないように思います。

23

若干幕板の色を変えてバッチリな仕上がりです。

20

錆かけの雨戸も2液形エポキシ系錆止めに2液形弱溶剤フッ素で見事に蘇りました。

11_20210216185601

ここの屋根からの景色が最高でした。天気のいい日はずっと眺めていたかった!

北は穏やかな瀬戸内海、南は緩やかな丘・・・最高です!

14 

こんな最高の環境の中で塗装させて頂きありがとうございました。

 

2021年1月30日 (土)

高松市 F様邸 完工! JPMプラチナシリコン仕上げ

この度、(株)日本塗装名人社 高松中央店として受注させて頂きました。

鉄筋コンクリートの頑丈なお家です。しかし屋上から雨が浸入したと思われる軒裏の剥がれ。

塗るより既存塗膜を撤去する方が手間がかかります(-_-;)

Img_4190s

Img_4184

屋上防水をしてから、軒天の既存塗膜を撤去!カチオン系フィラーによる補修からの既存塗膜パターン復旧。何気に軒天が一番手間がかかりました。

Img_6329s

Img_6202

外壁は水性シリコン仕上 パラペット&付帯部は弱溶剤フッ素仕上げ

パラペットも水性シリコン仕上の予定でしたが、濃い色なので劣化が早いかもと不安になりフッ素に切り替えました。

毎日毎日、熱いコーヒーとお菓子とゆで卵を出して頂いてありがとうございました。

 

 

より以前の記事一覧