フォト
無料ブログはココログ

藤目充伸

2021年5月12日 (水)

事務所 床改修工事に伴う模様替え

弊社の事務所も築30年になりました。

外壁と内壁は何度か塗替えてましたが、内部の床張り替えは今回が初めてです。

もともとPタイルでしたが、塩ビタイルに張り替えました。

Img_0340

これが結構大変でして、机やテーブルの移動で腰がヤバいっす(;'∀')

床の貼り替えと共にゴールデンウィーク中に模様替えもしました。

Img_0338 Img_0337 Img_0339

コロナ対策も行いなんとかスッキリ片付きました。

それとビジネスフォンも10数年前のもので、NTTに勤めてる後輩から「いつ壊れてもおかしくない状態ですよ」と言われてたので、このタイミングで交換しました。

ついでに嫁の実家から持って帰ってきた昔の黒電話をつないでもらったら、バッチリ受信できて、ちゃんとジリリリーと鳴りました( ^)o(^ )

なんか凄い懐かしくて感動しました。

Img_0336

この黒電話は約50年前のもの!まだまだ使えるのに、最近の電話はなぜ10数年で壊れるのだろう(-_-;)

レトロなディクスでテンション上がります(/・ω・)/

苦手なディスクワークが大好きになるかな?(;^_^A

2021年4月25日 (日)

H様邸 北面外壁 インラッシュコートG+施工完了!

最近、問い合わせの多いのが、外壁で北面に繁殖した緑色のコケ・カビの除去です。

Img_9167 Img_9168

わずか築3年から4年でこの様な緑色のコケが付着しています。

同時期に建てられた住宅街ですが、このコケが付着しているお家と綺麗なままのお家があり、気象条件も立地条件もほぼ同じなのに不思議です。サイディングの種類によって差があるのか、建材メーカーに聞いたりしますが、原因はいまだ分かりません(-_-;)

Img_9178

現在弊社では、外壁のコケ・カビ対策にはインラッシュコートG+を施工させて頂いています。

色々な除菌関係のコーディング材がありますが、このインラッシュコートが今のところ最強であると信じています。

Sterilization2 Sterilization3

実際の施工では、高圧洗浄してカビ・コケを除去してからインラッシュコートを塗布しますが、試験的に室外機に水洗いせずにインラッシュコートを塗布してみました。

上の画像はインラッシュコート塗布直後です。下の画像は塗布約3日後です。

汚れは残ってますが、コケ・カビは無くなってます。

インラッシュコートに含まれている光触媒+銀・銅の成分がコケ・カビを除去してくれたのだと思います。

BAEKというメーカーの材料なのですが、メーカーには約5年間この効果が持続する実験データーがあるそうです。

Img_9625 Img_9629

メーカーは5年間と言ってますが、弊社では実績が今のところ約1年半です(;^_^A

ほんとうに5年間コケ・カビが付着しないか…もしまたコケ・カビが発生してら無償で再塗布となります( ;∀;)

ドキドキしながら楽しみです!

 

 

 

2021年4月21日 (水)

WBアートF 香川県内 実績1位!優秀賞受賞

昨年度、WBアートの施工実績が県内1位達成しました。

スズカファインの石原専務様が四日市よりわざわざ弊社にお越し頂き、優秀賞の表彰をして頂きました。

Img_9326Img_9329

誠に光栄でございます。

県内では1位でしたが、四国では僅差の3位( ;∀;)

今年度は四国1位を目指して参ります。

Skm_c25821042114570_1

 

 

2021年4月20日 (火)

H様邸完工! 無機フッ素仕上げ

お問い合わせを頂いたのが今年の1月3日

今年一番のお客様です。コロナの影響でスキーに行かず事務所で仕事していて良かった(^▽^)/

塗替えには最高の季節まで待って頂き、母屋と納屋を塗らせて頂きました。

オール!関西ペイントのRSプラチナMUKIマイルド仕上げ!

10年前に訪問販売の会社で塗替えをされたとの事でした。

その会社の自社ブランドのフッ素塗料を塗ったそうですが、もうすでに艶は全く無く変色しかけてました。

ほんまにフッ素だったのだろうか?

Img_5665Img_5694

Img_5682

ここで自信満々お勧めできる塗料 関西ペイントのプラチナMUKIマイルドで提案させて頂きました。

実はAGCのフッ素と関西ペイントの無機フッ素で迷ったのですが・・・(;^_^

Img_9196 Img_9212 

Img_9202

木部はキシラデコールフォレステージHS

あの姫路城の木部に塗られているキシラデコールの中でも高級な木部用保護塗料です。

贅沢にも最高級塗料をふんだんに塗らせて頂き誠にありがとうございました。

お施主様は非常に気さくな方で、会話も楽しかったです。

最近は聞かなくなった讃岐弁講座!あれ面白かったです(笑)

2021年4月19日 (月)

O様邸完工! 香川県高松市 WBアートF

直貼り工法のお家・・・何を塗るのが良いのか、いつも悩むんです。

通気性も大事ですし、仕上がりの見た目も大事ですし・・・

Img_7873

2F部分は下地のリシン吹付の通気性の良さを活かし、関西ペイントのデコラフレッシュ仕上げ

1F部分はWBアートFでの仕上げと選択させて頂きました。

Img_7877

WBアートの場合、お施主様にカタログよりお気に入りの色を3色程度選んで頂き、実際に壁に見本塗り。

WBアートはサイディングの種類により仕上がった色がカタログとは違った色に見えたりするので、色選びは慎重にしてます。

現調の際、破風板の劣化が気になりました。

Img_6642

木部の場合、日光のあたる箇所は劣化が異常に早いんです。

お施主様にもご理解いただき、ガルバニウム鋼板で被せる事としました。

Img_9190

これで破風板の劣化は進まないでしょう!

何気にバッチリ決まりました(^▽^)/

一健板金工業さん!ありがとうございました。

屋根はもちろんフッ素塗料。

Img_8684

Img_8194

高松市内が一望できる素敵な屋根からの景色でした(o^―^o)ニコ

Img_9322

やはりWBアートは素晴らしい!サイディングを貼り換えたような自然な仕上がりです。

Img_7878

Img_9191

高級感も増しました!

弊社が得意とする、WBアートFを塗らせて頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年4月16日 (金)

N様邸完工!東かがわ市 関西ペイント 無機フッ素塗料

海が見えるお家!いつか住んでみたい・・・私の夢です。

Img_8413

今回、東かがわ市の港近くで塗装させて頂きました。

港が目の前やし、道路渡れば桜は満開やし、これ以上は無い環境での施工でした。

Img_8417 

屋根からの景色は最高です。

でも、ツルツルのテカテカ・・・

私の頭じゃありません(-_-;)

フッ素塗料で仕上げた屋根の事です。

滑る!滑る!

Img_8411 Img_8409_20210421202001

関西ペイントの最高級フッ素塗料!さすがです(^▽^)/

外壁は無機フッ素塗料

Img_8938

これまたツルツルのテカテカ・・・

無機フッ素塗料です。

付帯部も2液形弱溶剤フッ素塗料

シーリングは全て高耐候シリコンのサンライズH100

国内ではほぼ最高の仕様です。

こんな高級な塗料をたくさん塗らせて頂きありがとうございました。

建物には潮風バリバリで過酷な環境ですが、関西ペイントのフッ素塗料15年後が楽しみです!

頑張れ!プラチナMUKIマイルド!


 

 

 

2021年4月 8日 (木)

関西ペイント プラチナ施工店 研修会

本日、関西ペイント リフォームサミット店のプラチナ店のみの研修会に参加してきました。

香川県からは弊社と販売店の森高塗料店さんの参加です。

Img_8596

『RSシックイ巧』

漆喰の持つ多彩な機能をそのままに、短い工期でお住いの壁紙(塩ビクロス)に1回塗るだけで、抗ウイルス、抗菌、消臭の機能を発揮します。

Shikkui_takumi

『メタルフォースグランス』

ローラー施工可能なメタリック・パール塗料

Metal_force_glance

このメタルフォースグランスは研修会前にすでに施工させて頂いていたので、大体の塗り方は分かっていましたが、研修会で色々試し塗りをしているうちに、また新たな技術を習得することができました。

Img_8623 Img_8617

GW明けに、この塗料で住宅の外壁を塗装することが決まっています。

住宅の外壁には初挑戦です!気合が入ります!いつも以上に研修会も真面目に積極的に参加しました(^▽^)/

Img_8601 Img_8695

久しぶりにええ感じの新製品メタルフォースグランスをあちこちに塗り塗りしたい気分です。

 

 

 

 

 

2021年4月 1日 (木)

高松市 M様邸屋根塗装 完工!

この度、日本塗装工業会香川県支部の事務員さんからのご紹介で屋根塗装のご依頼を頂きました。

現調はドローンを使っての撮影です。

Img_6388

弊社のドローン機種 DJI Mavic2 Zoomです。

Img_9504

ズームカメラ搭載で、かなり良い画像が撮れ、屋根調査には大活躍です。

Bui

瓦の割れや、ズレも確認しやすいです。

Img_6363

太陽光温水器からは水が漏れています。

以前、現調はハシゴで屋根に上がって見ていたのですが、危険なうえに瓦を割ってしまう恐れもありました。

航空法により空港周辺や人口集中地区等、飛行できない地域もありますが、最近の屋根調査は6mの高所カメラポールでの撮影かドローン撮影にて行っています。

今回ご提案させて頂いた塗料は関西ペイントのRSルーフ2液Fです。弱溶剤2液形遮熱フッ素です。

下塗りは遮熱効果を上げる為に白いプライマーです。

Img_7961

これを塗ると反射で目が痛くなるほど眩しくて・・・

スキーで雪目になるのと同じかな?サングラスをしていないと目が真っ赤になります。

9038a54a4f5a493a8c5e877a115975c063370000 48b969f2c4284f298a339032cf44237c63370000

水洗い➡瓦の差し替え&補修➡下塗り(プライマー)➡中塗り➡上塗り

の工程で、吹付だと4~5日の工期ですが、最近は近隣への対策でローラー&刷毛ですので、一人だと約7~8日の工期となります。

海に近いせいか瓦の表面も傷んでおりましたが、見事に修復できました。

メーカーの仕様では中塗り&上塗りで2~3セット(16㎏)の予定でしたが・・・

弊社スタッフより「吸い込みムラがあるようなのでもう一回上塗りします!」1セット追加・・・もう1セット追加・・・と2セットも追加注文。

屋根の塗装にはアルアルですが、予定より使用数量が増えることがあります。

フッ素塗料は高価なので、イタタタタ・・・ですが、綺麗に仕上がるまでキッチリ塗らせていただきました。

劣化状況から想像していた仕上りより、予想以上の仕上がりになりましたし、お施主様にも喜んでいただけたので、儲けは減ったが大満足です!(*^▽^*)

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月27日 (土)

高松市木太町 I様邸完工! 関西ペイントRSフッ素

なんと3回目のリピーター様です~( ^)o(^ )

29歳・41歳の時に私自身が塗らせて頂いたお家でございます。

Img_7103Img_7104 

今回は弊社の石橋君と角田君の施工です。

前回は13年前にシリコン(当時は主流の塗料)での仕上げでしたが、

今回は関西ペイントのフッ素仕上げ!長持ちしすぎて4回目が無いかも(;'∀')

足場を組み屋根に上がってみると・・・

Img_6750_20210327204501

なんじゃこれ・・・

瓦が割れて、シリコン塗りたくっとるやんか~

どうやら電気工事の際に瓦を割ってしまって補修したようです。

また難儀な箇所やんかぁ~(-_-;)

さすがにこれは塗装職人では無理!瓦屋さんにお願いしました・・・

Img_7883 

瓦を差し替えてセメントで補修して頂きました。

やっぱり「餅屋は餅屋」上手に直してくれました。

Img_8235

足場の解体後、ベランダの取替え、庭は弊社がいつもお願いしている1級造園技能士による華麗は剪定で、お引き渡しとなりました。Img_8214-2

Img_8215 Img_8211

3回も弊社で塗らせて頂き誠にありがとうございます。

また10数年後に・・・是非!次回も弊社で・・・

現在54歳、そのころ私は・・・

70歳が目の前やんか(;'∀')

今回のフッ素塗料と私とどっちが長持ちするだろう(;^_^A

 

 

2021年3月26日 (金)

高松市 K様邸完工! WBアートF

この度、藤目塗装ではなく (株)日本塗装名人社 高松中央店としてのお仕事させて頂きました。

下地はALC板に多彩模様の吹付材、現調の際は築年数にしては綺麗だなぁ~と感じました。

ALC下地なのにピンホールも全く無く、吹付も綺麗に仕上がってました。

きっと新築の時に塗装したペンキ屋さんが良い仕事したんだと見てわかりました。

Img_6057 Img_6073

ズームカメラで確認してみるとやはり多少のクラックは入り始めてました。

Img_6075

ただ今すぐに塗り替えが必要な状態ではなかったのですが、お家を大事にされるお施主様で、早めのメンテナンスを・・・と塗替えには絶好の季節に施工させて頂きました。

新築時の塗装には負けられん!とチョット闘志が湧きました(^▽^)/

ここはスズカファインのWBアートF(フッ素)で勝負!

Img_8209 Img_8204

普通に塗装をしたのと違って、凹凸感も出て、立体的でいい仕上がりとなりました。

Img_8222

今回施工させて頂いた外壁の色が淡いピンク系の色で、足場を解体すると、近隣の桜も山の桜もちょうど開花してて、最高の背景!

Img_7510

帰り道、海も山も見えるこの坂道を気分よく走れました(^O^)

«景行天皇王子 神櫛王墓 門扉塗装完了